上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年1月末~2月中旬頃まで
Google Slaps(グーグル・スラップ)の
被害にあわれている方が数多くいらっしゃいます。


かくいう私もそうなんですが手こずりました。


◆↓人気ブログランキングです。1クリックに感謝します。
人気ブログランキング

どのような現象かといいますと
登録しているキーワードの品質スコアが悪くなり、「非表示」もしくは、「AdRank が低い」
あるいは、キーワード単価を1クリック1,200円以上に設定しないと
広告が表示されないということです。



今までクリック単価が20円ほどだった広告主にしては
何のことだかわからないと思います。



前回1/26に下記記事を書いてから
『アドワーズ広告PPC広告の品質スコアが1に』



検索エンジンから毎日数名の方に訪問を頂き、
情報交換をさせて頂きました。



実際、私もドメインを変更し、出稿していましたが
1週間もすれば、また同じ現象になり
広告が表示されないようになってしまいました。



しかし、約10商材の広告を出していましたが
1商品=1キャンペーンだけ被害を受けていないものがあります。



それは、情報商材ではなく資料請求のものでした。



まず情報を整理しますと、今回このような事態になったサイトは
ほとんどは情報商材ですが、一部では物販サイトも被害がありました。



ではなぜ、情報商材がこのような事態になったのか。



これは、Googleが情報商材を廃止したわけではありません



実際、多くの情報商材は現在も広告に出されていますし、
被害の無い方もいらっしゃいますから。



ドメインを変更すればいいという情報もありましたが、
確かに、ドメインを変更することは有効です。



なぜなら、
アドワーズ広告は以前のキャンペーン内容も引継ぐと言われているからです。



ですので、即効性をもたすのであればドメインの変更も「アリ」ですが、
私のようにドメインの変更をすぐに実行しましたが、



なんと、変更して1週間後に同じ現象・・・
更に別のものを登録すると、早ければ翌日に再度同じ現象になってしまいました。



このようにドメインを変更しても解消されない場合は
新しいアカウントを作成したほうが、早いです。



では、どのようなサイトが規制を受けるのでしょうか?



●広告に注意を要する種類のウェブサイト

次のような内容のウェブサイトはリンク先ページの
品質スコアが低くなる可能性があり、
効果的に広告を掲載するのが困難な場合があります。

これらの種類のウェブサイトの広告を掲載する場合は、
Google のリンク先ページの品質に関するガイドラインに
準拠しているか注意する必要があります。

特に、独自のコンテンツの提供に関するルールに
従っていることをご確認ください。


・eBook (電子書籍) サイト
・一攫千金サイト
・比較サイト
・旅行情報ポータル
・アフィリエイト



※一概に情報商材やアフィリエイトが不可というわけではなく
 独自のコンテンツを提供しているかを重要視しています。






●リンク先ページおよびサイト品質に関するガイドライン


ガイドラインに準拠することにより、リンク先ページの品質スコアが向上します。

○関連性の高い独自のコンテンツ
○透明性
○明確性


独創性:

他のサイトにはない独自のコンテンツを作成する。
このガイドラインは特に、次の種類のページを使用するアフィリエイトに適用されます。

・ブリッジ ページ
リンクやリダイレクトで親会社などのサイトにトラフィックを
誘導することのみを目的とした仲介的役割を果たすページ。

・ミラー ページ
親サイトを模倣したページ。
親会社のサイトまたはその他の広告主様のサイトをミラーリングした
(デザインが似ているか、ほぼ同じである) サイトは許可されません。

十分な情報を提供する。

サイト内容がほとんど広告だけのページや検索結果だけのページ
(ディレクトリやカタログ ページなど) にリンクしている場合は、独自のコンテンツ
を追加してください。



※ここで強調されているのは、サイトの「関連性」「独創性」「透明性」です。



さらに、「明確性」をしっかりと対策することにより
リンク先のページが『品質がよい』と評価されます。



つまり、沢山のキーワードを1つのキャンペーン、もしくは
広告グループの中に詰め込みすぎた為、一部の関連性の薄いキーワードが
ネックとなり品質スコアが落ちてしまったということ。



つまり、ガンガンアクセスを集めようとしすぎたわけですね
「関連性の薄いキーワード」から。



更に、リンク先の読み込み時間についても重要です。



「読み込みの遅い」リンク先ページの基準値は、
地域の平均読み込み時間に 3 秒を加算した値ということです。



地域の平均読み込み時間は、
サーバーが設置されている場所でも異なります。



改善する為には、ページサイズの圧縮、リダイレクト数の数を減らす、
サーバーをいいプランに変更するなどです。



これら複数の事を加味して、
アドワーズは最適化していくわけですね。



単純にアカウントを変更しても、ドメインを変更しても
いずれは同じ状況になると断言できます。



小手先のテクニックでは通用しない
ということですね。



余談ですが、一発太郎のような自由登録の
検索サイトに闇雲にサイトを登録することも考えものです。



質の悪い被リンクをもらっていること
同じように質が悪いドメインと判断されかねません。



これについては、何の確証もありませんが・・・。



どちらにしろ、無差別な検索エンジン登録は
今は何にとっても有効ではありませんのでやめまておきましょう。



この現象は、昨年7月、10月、そして今年1月と
約3か月周期で発生しています。



次回は4月末ぐらいでしょうか?



◆ご意見・感想・ご相談・質問・その他、何でもかまいません。
  いつでもお気軽にメールください。^^ ⇒ メールする。


◆最新情報はこちら ⇒ メルマガ登録 ※初心者歓迎

◆↓人気ブログランキングです。1クリックに感謝します。
人気ブログランキング

◆稼げる情報商材のレビューはこちらです。 

◆情報商材アフィリエイトEnjoyライフのブログトップはこちら
です。

※最後までお読み頂き有難うございました。

コメント
この記事へのコメント
コーインさん こんばんは!

アドワーズはちょっと
苦手というかまだ勉強不足なのですが、グーグルスラップというのは
効いていました。

周期があるということは
クローラーに何かアルゴリズムが
あるっていうことでしょうか?

検討違いなコメントかもしれませんがいずれはアドワーズも考えているので注意したいところです。

応援済みです!
2009/02/24(火) 21:14 | URL | てつ #-[ 編集]
こんばんは。アフィリ達人@アフィリエイトお得情報です。

こんなことがあるのですね。
全然知りませんでした。

勉強になりました!

応援!!
2009/02/24(火) 22:23 | URL | アフィリ達人@アフィリエイトお得情報 #lce9pUJ.[ 編集]
こんばんは、papa渡邉です。
ご訪問ありがとうございました。

PPCに積極的に取り組んでいる人には
非常に厳しい話ですが、

厳しさが無いと、
無法地帯になってしまうので、
必要なことですよね。

当事者の方には、
納得のいかないことも
色々あると思いますが。

では、
応援して帰ります。
2009/02/24(火) 23:18 | URL | 人気ページランキング&あし@ #-[ 編集]
>つまり、沢山のキーワードを1つのキャンペーン、もしくは
広告グループの中に詰め込みすぎた為、一部の関連性の薄いキーワードが
ネックとなり品質スコアが落ちてしまったということ。

>つまり、ガンガンアクセスを集めようとしすぎたわけですね
>「関連性の薄いキーワード」から。

なるほど。勉強になります(*^_^*)
ブログへのご訪問ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
有末やよい
2009/02/25(水) 00:00 | URL | 有末やよい #-[ 編集]
こんにちは、てっです。

いつもありがとうございます。

すごく気になる情報です。

いろいろなことに考えられますね。

やはり独自のサイトとして
しっかりとした内容が求められるのも
現実必要なことなんですね。

やはりこうなっていくのでしょうか?

まあ考えれば適切な動きとも思えますが・・・

またお伺いさせていただきます

音速貴公子より心をこめて
応援です!!
2009/02/25(水) 18:15 | URL | 音速貴公子の月100万稼ぐアフィリエイトロード #a2H6GHBU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。