上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初に申し上げなければならないことは

「情報商材のアフィリエイトは簡単ではない。」

ということです。




もう少しいいますと、日々難しくなってきています。

期待をさせておいて、そんなーって感じですか?

でも事実なのです。




もし貴方が「簡単に稼げそう」と思っているとしたら

それは大きな誤りです。もの凄く間違いです。




月間5,000 円(たった5,000 円ですよ)以上稼いでいる

アフィリエイターは全体のせいぜい10%しか

いないのだそうです。




これが月間10万円となると、わずか0.3%に激減します。




インフォトップのアフィリエイターランキングを

見ればわかりますが、月間10万以上のアフィリエイト収入を

得ている人はだいたい200人程度しかいません。(約6万人中)




そもそも、現在のネットビジネス人口って

どれくらいかご存知ですか?




大体、現在で15万人と言われています。




たった、15万人です。

もっといると思われましたか?

これを判断する為のもう2つのデータを見てみましょう。




無料メルマガ配信スタンド最大手の

「まぐまぐ」の登録人数は約10万人です。




情報商材販売ASP最大手の「インフォトップ」の

アフィリエイター数が約6万人です。




ということは、ネットビジネス人口の

約7割近くの人が常に同じような広告を読み、

同じようなビジネスを行っている事になるのです。




皆さんが思っているより、

小っさーーーーい市場ということです。




ウソだと思うのなら、知り合いに

「アフィリエイトって知ってる?」

って聞いてみてください。




ほとんどの人が知りません。




実はこんな少ないパイを、

皆で取り合っているのが現実です。




そんな中で、経験、資金、人脈を持っている先行者に対し

我々が同じ事をやっても絶対に勝てる訳が無いのです。




このことは残念ながら、皆さんの理解が得られていません。




そのような人は、「先行者」であるトップアフィリエイターに

食われてしまうだけです。




この1年で「情報商材をブログやメルマガで販売する

「アフィリエイター」は日々劇的に増え続けてきました。




情報商材のアフィリエイターが増えた原因は

「情報商材で稼ぐ」というさまざまな商材が

売れまくった為です。




メルマガ、ブログ、PPC、リードメール等

使う媒体はさまざまですが、

簡単に稼げると錯覚した人が多く参入したのです。




しかも、

「楽々稼げる」だの

「誰でも簡単に今日から収入」とか

いかにも誰でも簡単に速攻稼げるという

「詐欺的」タイトルで販売している商材が

あまりに多くなってきました。




先行きに危機感を感じたインフォトップでは、2007年より

商材の事前審査制を導入して、悪質な商材の登録を

阻止することにしました。




この業界がクリーンで信頼されるようになるために、

まさに今は過渡期にあると思われます。




一方で、本屋さんで販売している書籍には

決して書かれていない素晴らしい情報を適正な価格で

販売していらっしゃる方も、又 多いのです。




というか、ゴミ商材販売者さんに負けないくらい増えてきました。

(表現が少しおかしいですね)




この業界が今後どうなるのかは誰にも想像ができません。




ですが、情報商材市場はまだまだ拡大をしています。




それに伴い質の低い販売者さんやアフィリエイターさんが

増えているのも事実ですが、逆に極めて優秀な

インフォプレナーさんやアフィリエイターさんも

増えているのも 又 事実なのです。




是非皆様に「良識ある」アフィリエイターに

なっていただきたいと思い、毎日少しずつ

情報を提供していくつもりです。




基本を知らないで、簡単に稼ぐ手段だけ考える人は、

決して息ながく続けることはできません。




ネットの世界で楽して稼ぐ手段に

まともなものは、ひとつもありません。




色んなものに騙され続けてきた私の結論です。




その点、アフィリエイトと情報商材の販売は

ネットビジネスで唯一まともなビジネスモデル

といえるかも知れないのです。




更に、今まで楽天とかアマゾンで

1%程度の手数料で我慢して稼いでいた層も、

一気に「情報商材」に流れてきました。




比較にならない程、手数料が高いからです。




つまり、今やネットでは石を投げれば

「情報商材のアフィリエイター」に当たる

といってもいいような環境になっています。




環境としては、私が当初始めた6年前と比べても、

はるかに厳しいといえます。




そもそも前述の通り、『情報商材』マーケットなんて

ホントに小さいのです。




その小さなマーケットでパイの取り合いをしているのですから、

状況としては日々厳しさを増してきています。




更に、その商材の方法がその瞬間では有効な方法

であっても、次の日には役に立たなくなっていたり、

あっという間に陳腐化して使えなくなってしまう

ことなども、毎日のことです。




他のアフィリエイターと同じことをしていて

稼げる時代は終わろうとしているのです。




基本をしっかりと身につけ、そこから創意工夫が

できないアフィリエイターは稼ぐのが難しくなっています。




実際、情報商材を販売するには、

多少のコツとかなりの努力が必要です。




おまけにこの業界は一部のトップアフィリエイターさん達

によって寡占されている市場です。




しかもほぼ全員が税務対策上会社組織にして、

おまけに専業にしていますので、我々はなかなか

太刀打ちできません。




我々とは時間的、資金的余裕が基本的に違います。




方やワークス、方や小資本のプライベートチームなのです。




彼らは情報商材の販売者(インフォプレナーさん)とも

知り合いである場合が多く、次々発売される新商材を

販売前に無償で提供していただいて、その商材に

『推薦文』を掲載するケースもあります。




同じような人ばかり『推薦文』に登場するのはその為です。

お互い『仲間うち』なので、その商材を悪く言う人はいませんよね。

(いわば当然かもしれませんが・・・)




ある程度名前が通っている人でも、この程度の薄い商材を

高額な価格で販売しているのが現状なのです。




情報商材を買った方なら

「おいおい、推薦文とは中身が違うじゃん」って

思うことがないですか?




私はほとんど毎回思いますよ。




この世界ではビッグネームで

「影響の大きい」人が推薦しているので

商材のバリューも上がるわけです。




そして予定通り、爆発的に売れます。




結果、パワーセラーであるトップアフィリエイターさん達は

その強大な顧客リストに「宣伝」を繰り返すことにより

多額の収入を得ているのです。




そこには彼らの綿密な戦略があるのです。




そんな厳しい中で、我々弱小アフィリエイターが

参入する「隙間」は一見全く無いようにさえ思えます。




実際にほとんどありません(汗)




色んな商材で「誰でも、簡単に、●時間後から」

稼げるなどとうたっていますが、

先ほども書いた通り、まともなものはありません。




ですが、「弱者」には「弱者」の戦略があります。


長くなりましたので、次回にします。




◆人気ブログランキングに参加中です。1クリックお願いします。m(_ _)m
⇒ ランキングバナー



コメント
この記事へのコメント
先日は訪問こめありがとさんです
たしかに一つのサイトだけでは10万の壁は高いですよね・・・また遊びに来ます(応援)
2008/05/22(木) 23:12 | URL | TAKE #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouinafiri.blog70.fc2.com/tb.php/41-2207e94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。