上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商材のレビューというのは、人それぞれです。


良質な商材でも、

5人がレビューすれば5人とも内容が異なるんですね。


◆人気ブログランキングに参加中です。1クリックお願いします。m(_ _)m
⇒ ランキングバナー



なぜか?

皆さんのネットビジネスでの経験や実績が違いますから、

中級者や上級者の方にとって、その商材は不必要でも、

初心者にとってはとても役立つ商材だったり。

こちらのレビューは6点

こちらは3点




また、現時点では評価が高くても時間とともに

あたり前のノウハウになってしまったり。




誰もが認める良質な商材というのは、

どうしてもボリュームが大きくなるため、

作業するのに膨大な時間を要します。




極論は、時間を要せず収入になるのが一番ですね。




俗に言う金持ちメルマガと呼ばれるものは、手動ではなく

自動化されたメルマガです。⇒ステップメール




例えば、読者が登録した1日後にはシナリオ1の文章、

2日後にはシナリオ2の文章という風に予め設定しておけば、

新しく読者が登録する限り、未来永劫自動的にシナリオ1から

順番に登録者にメールが送られます。




設定しておくシナリオは少なくとも7以上は設定しておいて、

何度もアプローチするほうがいいです。




では、このようになぜ何度もアプローチするのか?

それは、人は高額商品を一度見ただけでは買わないからです。

アメリカの有名起業家は、少なくとも7回以上はユーザーに

アプローチする必要があると言っています。




回数の真偽は定かではありませんが、接触頻度を増やすことが

売上つながることに間違いありません。




なぜなら、人は、相手に感じる親密度は接触頻度に比例するからです。

ザイアンスの法則ですね。




ちなみに、まぐまぐなどの手動メルマガとは別に

金持ちメルマガである自動メルマガを用意するのには

もう一つ理由があります。




それは、自動メルマガは、たとえいつ登録した読者であっても、

登録から何日後に設定した日時に決まった提携文のメールを

送ることができるという点です。




つまり、一律に全ての読者にいっせいに同じ内容のメールを

送ることしかできない手動のメルマガとは違うのです。




この違い分かりますよね?

既存読者と新規読者はアプローチの仕方が変わるということです。




ここが分かってない人は非常に多いです。

既存読者と混ぜてアプローチしてしまっている。

だめなんです。読者の思考を混乱させてしまっては。




この使いわけがステップメールでの自動集金化システムの一つです。

この手法をとっていれば、永遠に収益が上がり続けます。




と、ここまではちょっとネットビジネスをかじったことがある人なら

知っている人もいます。




ただ、公言されることのないメルマガの秘密はここからです。

具体的に自動化させたメルマガに、

・どこから読者を獲得し、
・どのような手法で自動メルマガに登録させ、
・どのような自動メルマガを発行し、
・どうやってHPに誘導し、
・どのような方法で商品を購入させるところまで持っていくのか?

また、この自動のメルマガと手動のメルマガはどのような関係性にあるのか?




上記を解決してくれるのが、『ドッキングアフィリエイト』です。

レビューはこちら



資料請求アフィリや物販アフィリなどのサイトを作って、

しっかり大きく稼ぎたい方向けです。




図解を見て、そのとおりにできれば大丈夫です。

そのまま使えるステップメールの雛形が5種類ついてますので、

それを使えば文章力がまったくなくても、スタートできます。




まず、はじめてみることだと思います。

レビューはこちら


コメント
この記事へのコメント
参考になりました!本当に
そうだと思います。

提供者、実践者
人それぞれの考えがあり・・
その穴を少しでも近づけることが
大切なのでしょうね!


まごころを込めて応援!!
ポチッ♪
2008/06/18(水) 07:44 | URL | 広告のプロ★ヒマワリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouinafiri.blog70.fc2.com/tb.php/70-2540d0cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。